近江屋のカレー、そのこだわり


ブイヨンとルー

たっぷりの牛スネ肉、鶏ガラ、香味野菜、香草をじっくり煮込み、 
水分と甘みを引き出すため、玉葱は弱火で丁寧にソテー。ブイヨンを作っていきます。 
実は、このまま飲んでいただいても十分に美味しいスープです。
そこに20種類以上のスパイスと小麦粉でルーのベースを作り、数日寝かせて味をまろやかにした力作のカレールー。 
スパイスも寝かせる事で、香りにまとまりが出まれ、近江屋カレーの香りが生まれます。


アツアツ土鍋カレー

ルーを土鍋に入れてサービスさせていただきます。 これも温かいものは温かいまま食べるのが一番おいしいという店主のこだわりでございます。
平日のワンプレートランチ以外は、全て土鍋でのご提供です。 

ぐつぐつのカレーは食欲倍増!ジュウジュウ煮えた土鍋の音におなかの虫も喜びます。